Id機構について about

Id機構について

機構長挨拶

辻本 将晴 <span>Tsujimoto Masaharu<span>

辻本 将晴 Tsujimoto Masaharu

研究・産学連携本部

副本部長(起業活動支援担当)
イノベーションデザイン機構長

環境・社会理工学院

教授

東工大イノベーションデザイン機構(Id機構)は「世界を変える大学発スタートアップを育てる」をビジョンに2022年4月に新たに設立されました。これまで東工大が取り組んできた東工大発スタートアップの創出支援、東工大発ベンチャーの支援、起業環境整備、地域連携、アントレプレナーシップ教育との連携、技術経営教育との連携、他大学など外部機関との連携等、東工大からのスタートアップ創出に関する活動を一括して担う組織がId機構です。
「大学は、学術の中心として、高い教養と専門的能力を培うとともに、深く真理を探究して新たな知見を創造し、これらの成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与するものとする。」とされています。大学が社会の発展に寄与しようとする取り組みの中で、スタートアップ創出という形態には多くの潜在的な可能性があると思います。東工大は特にその可能性が大きいと思います。
この可能性を開花させ、世界をより良いものにしていくことにId機構は貢献します。

設置の経緯

イノベーションデザイン機構は、2022年4月に研究・産学連携本部ベンチャー育成・地域連携部門を廃止し、発展的な組織として同本部の下に設置されました。

また、2021年度に本学が主幹となって実施したJSTのプロジェクト(社会還元加速プログラム・SCORE・大学推進型・拠点都市環境整備型)であるIdP(Innovation Design Platform)の成果やロゴ・名称(英名)を機構は継承しています。